本の一覧

Books

氣づきと学び 自分を愛して生き抜いて

氣づきと学び 自分を愛して生き抜いて

ごとう ゆみこ 
苦しい現状が人生のすべてではない。いつかは自分で扉を開けて新たな一歩を踏み出せる日がくる。そのために、必要な物事のとらえ方・意識の切り替え方、何より大切な視点の持ち方を、筆者の人生の振り返りとともに学んでいける。かけがえのないあなたの人生を好転させるヒントが詰まっています。
本著目次 序章(はじめに)
定価:1620円
  • サイズ:13 x 0.8 x 18.8 cm
  • 頁数:118
  • 発刊日:2019/04/05
  • ISBN:9784866661971
こちらで販売中

著者紹介

now printing

ごとう ゆみこ

新聞記者の父と本好きの母のもと、本に囲まれて育つ。読むだけでなく書 くことも好きで、学校で書いた作文を家で音読しては両親に褒められて 育つ。 15 歳で父を亡くし、21 歳で大手損保に入社。そこでイジメに遭い、守っ てもらえると思って結婚した夫からはモラハラを受けるという、言葉の破 壊力を体感する日々を送る。そんな中、ふと応募した女性誌のレポーター 募集に当選したのをきっかけに、文章を書くことが好きだったことを思い 出し、小説を書いて四日市文芸賞も受賞。その後、離婚、ペットロス症候 群、失業、再就職と続き、49 歳で運命の人と出会い再婚、51 歳で退職。 ネタには事欠かない人生です。 「氣づきの学び舎 あけと」主宰。言葉を通した癒やしや自己表現を目指し、ことだま講座の開催などをしている。