本の一覧

Books

軽度知的障がいのある子供たちが小学生になったら読む正しい育て方の本

軽度知的障がいのある子供たちが小学生になったら読む正しい育て方の本

松本 加寿美 
軽度の知的障害がある子が、18歳で経済自立するための子育てバイブル。障害者の法定雇用率は? 就職に有利な進路は? 子育てにイライラしますか? 3つとも「はい」と答えられないならすぐに本を手に取ってください。「何度言ってもできなかった子供たち」の成功体験を収録。
本著目次 序章(はじめに)
定価:1566円
  • サイズ:13 x 0.9 x 18.8 cm
  • 頁数:134
  • 発刊日:2019/03/08
  • ISBN:9784866280318
こちらで販売中

著者紹介

now printing

松本 加寿美

愛知県出身。元特別支援学級担任として、軽度の知的障害の子供たちのキャリア教育や進路に関わる。脳科学を使った目標達成コーチングのトレーナーとして、また原始反射について学び発達支援トレーナーとなり、体・心・頭への多様なアプローチで子供の発達を総合的にサポート。障害のある子供たちとの関わりの中で、自分を活かして自分を生きる幸せな自立が叶うことを確信している。子どもを就職させたい保護者向けに特別支援学級の担任時代の経験と実績を活かした「軽度知的障害児を企業就職に導く進路プロデュース講座」を開催。「IQ を高めるプログラム」「ビジョントレーニングと原始反射の統合セッション」や「就学や進級のための発達凸凹検査」など多方面で保護者をサポート。障害に対し穏やかで思いやりのある前向きなとらえ方をする一方、各種検査では子どもの実情を正確に分析した所見は定評があり、保護者からの信頼も厚い。