本の一覧

Books

比較分析ルーチンワーク 打開策は自己愛でした

比較分析ルーチンワーク 打開策は自己愛でした

天恵 ヒカリ 
真面目に頑張っている、やさしい人の生きづらさはどこから? 被害者VS加害者のパワーゲームはいつから? 魔女を大鍋に入れる? 魔女とは? 自他の比較と分析が大好きだったセラピストが、頑張っているやさしい人へ、辛さへの打開策をご提案。「愛」という言葉の意味が、変わります。
本著目次 序章(はじめに)
定価:1296円
  • サイズ:13 x 0.7 x 18.8 cm
  • 頁数:112
  • 発刊日:2018/12/01
  • ISBN:9784866662077
こちらで販売中

著者紹介

天恵 ヒカリ

1973年生まれ、栃木県出身。東京農業大学卒。企業の営業部で勤務した後、メディカルアロマセラピーを学び、病院の脳外科、治療院、エステサロンなどでアロマセラピストとして勤務。お客様へのセラピーを通して自身の生きづらさの原因を知る。セラピストとして経験を積む中で、相手の感情や症状のもとになった出来事などを色や形、言葉、音で受けとる感覚が発達する。現在はそれぞれの持つ固有の感覚を大切にするための活動をしている。