本の一覧

Books

44の人生の漢字

44の人生の漢字

中川 愛友希 
私たちは日々いろいろと思考し選択し喜怒哀楽を味わいながら人生を創っています。タロットには人間界のアカシックレコードから取ってきた人生の雛形が込められています。「漢字」に表すことでまったく馴染みのない方でも人生の一助として楽しめます。さて、どの漢字の状態を今あなたは体現しているのでしょうか?
本著目次 序章(はじめに)
定価:1404円
  • サイズ:15 x 0.9 x 22 cm
  • 頁数:148
  • 発刊日:2018/11/05
  • ISBN:9784866661445
こちらで販売中

著者紹介

now printing

中川 愛友希

1959年東京生まれ。1980年日本電子専門学校電子情報処理科一期生卒。1993年までIT技術者として勤務。「中川はるみ」名で著書に「いちばんやさしいBASIC」ナツメ社1989年、「いちばんやさしいパソコンの話」ナツメ社1990年、「はじめて使うページメーカー」ナツメ社1990年、「MACINTOSH TOOL-BOOK To Handle Figure スプレットシートを操る」冬樹社1991年がある。1978年、初めてタロットを手にする。1982年〜1983年タロットの先駆者である辛島宜夫氏と榊その氏、西洋占星学の先駆者である訪星珠氏に師事を仰ぐ。1991年〜1993年「島明実央」(しまあきみお)名にて月刊誌「Windows Magazine」に占いを連載。1994年、IT業界を去り「島明奈央」(しまあきなお)にてタロットと西洋占星学の他、四柱推命、気学、64易、数霊にも通じ占い師として本格活動。携帯電話のコンテンツなども手がける。2000年、有限会社サイデリアルサイン設立。コンサルタント業務にも着手。1994年から約33000件の鑑定実績があり「中川愛友希」と改め現在も個人セッションを中心に活動中。