本の一覧

Books

明日から社員の気持ちがわかる本

明日から社員の気持ちがわかる本

~組織内サイレントマイノリティの叫び~

ついき社会保険労務士事務所代表 築城 由佳 
取り巻く労働環境が厳しい日本のシングルマザー。そんな中、子育てもキャリアもあきらめず両立を続ける自身の経験をもとに、シングルマザーという理由だけで自分のキャリアや夢をあきらめている人々に希望を与える一冊。
本著目次 序章(はじめに)
定価:1220円
  • サイズ:13 x 0.8 x 18.8 cm
  • 頁数:122
  • 発刊日:2018/02/19
  • ISBN:9784866284156
こちらで販売中

著者紹介

ついき社会保険労務士事務所代表 築城 由佳

社労士という職業に興味を持ち、資格取得を決意。2010年、仕事と家事を両立しながら、一発合格。資格の学校TACの合格者体験セミナーにて勉強方法を公開する。資格取得後東京の労働保険事務組合と社労士法人にて5年間勤務。2万人から5万人の大企業の労働保険手続き業務を担当。繁忙期には月2000件近くの手続きを行いながら、さまざまなケースの相談も対応。部下10人を抱えながら課長としてチームの指揮を執る。大企業の充実した給与体系、福利厚生を当たり前に感じていた一方、中小零細企業との格差に違和感を覚え始める。2016年4月、大阪市西淀川区にて独立開業。