本の一覧

Books

バビルサ哀歌

バビルサ哀歌

ニシカワ ヒサコ 
日本において、人々は何も考えなくてもそこそこの幸せを享受できる。そして長いものに巻かれながら老い、病み、終わる。そのなんの疑問もない状態に疑問をもって世の中を見た時、初めて人間の底力と恐ろしさを知ることになる。それでも放棄できない命だとしたら、自分は何を選択していくべきか。現実を創造していくための「知恵」としてのヒーリングを実践する現場から見えてくる「生きる」ことの面白がり方。
定価:1620円
  • サイズ:18.8 x 13 x 2.5 cm
  • 頁数:192
  • 発刊日:2015/04/25
  • ISBN:978-4865700787
こちらで販売中

ニシカワ ヒサコ

1973年生。三重県生まれ。大阪府在住。劇団員、舞台スタッフを経て燃え尽きたタイミングで結婚。紆余曲折の末、実家の家業を継いで真珠専門店代表になる。出産を機にヒーリングに出会いその道に進む。離婚後はジュエラーとヒーラーの二束のわらじを履いて活動し、趣味で始めたブログが人気を集めるなどして執筆業も開始。最近は野草を楽しむ「野草部」を作り、草活動にも手を広げ、執筆、ヒーリング、草刈の合間に真珠屋になるというやりちらかし人生を歩んでいる。