本の一覧

Books

「軽減税率」田淵隆明が語る、IFRS&連結会計入門〈Ver.3

「軽減税率」田淵隆明が語る、IFRS&連結会計入門〈Ver.3

~“In Varietate Concordia” EUの知恵に学べ~ ~IFRSでは、何故そう考えるのか?~ ~IFRS対応の為に望まれる、連結会計システムの8つの機能要件~

田淵 隆明 
【第3版:資本連結・持分法・固定資産未実現損益強化版】2012年の消費税に関する衆議院の公聴会で、「弱者に優しい消費税」(生活必需品は非課税または軽減税率、贅沢品は重課税)をテーマに掲げて公述した田淵隆明氏による、連結会計とIFRS(国際会計基準)の入門書。Ver3では、「持分法」に関する記載の更なる拡充のほか、「資本連結」及び「固定資産の未実現損益」の記述が緻密に場合分けされ、丁寧な説明が行われている。また、法令改正の最新動向も追記されている。単なる会計の入門書ではなく、専門のシステム監査の観点から、連結会計システムに求められる要件や実装上の留意点について深い考察・分析が行われている。また、IFRSは英米法ではなく、大陸法に立脚している。本書では、IFRSを育んだ文化的土壌にも触れ、IFRSを制定している人々の発想法を分かりやすい解説がなされている。
定価:3596円
  • サイズ:25.7 x 18.2 x 2 cm
  • 頁数:452
  • 発刊日:2016/03/25
  • ISBN:978-4865704198
こちらで販売中

田淵 隆明

1966年3月大阪府生まれ。現在は東京都世田谷区在住。京都大学理学部卒業・同大学院理学研究科数理解析専攻博士課程研究指導認定。公共政策・経営コンサルタント、公認システム監査人、IFRSコンサルタント、コラムニスト。日本システム監査人協会近畿支部システム監査法制化研究会座長。2012年6月13日、衆議院「社会保障と税特別委員会」中央公聴会公述人。★IT企業において、ERPシステム及び連結会計システムの開発・導入、及び、環境コンプライアンス・環境会計システム開発・導入を行う。外資系大手会計ソフトウェア会社の連結会計モジュールのテンプレートの企画・設計・開発・導入に従事するとともに、IFRS支援室のコラムの執筆を行う(全29回)。また、「公認システム監査人」・「システム監査技術者」の立場から、ファンクション・ポイント法による工数分析、品質管理、契約書法務などに従事。語学力を生かして、IFRSや会計に関する日英バイリンガルでの講習会、知人の著書の翻訳なども行う。★その他、永田町での広い人脈を生かして、ダイヤ改正やラッシュ緩和対策などの交通関係・税制・食品安全などに関する政策提言や講演も行っている。