本の一覧

Books

孤独と愛着

孤独と愛着

ダブルファンタジーへ生きのびる人々

高間 しのぶ 
親にも誰にも頼ることができず、ひとりで生きてきた人々の語る言葉には、普通の人では想像しにくい重みがあります。またその言葉には、重みを抜けた後の、得も言われぬ軽みもあり、驚かされます。この本では、そのような言葉の数々を、彼らの孤独からの回復という視点で見つめています。過酷な人生を歩んできたからこそ、孤独と哀しみの果てにたどり着くことのできる、特別な場所(楽園)があることを示しています。
定価:1296円
  • サイズ:13 x 0.9 x 18.8 cm
  • 頁数:158
  • 発刊日:2016/07/17
  • ISBN:978-4865703870
こちらで販売中

高間 しのぶ

臨床心理士。1956年生まれ、三重県出身。埼玉県でソレア心理カウンセリングセンターを開所。2001年よりヒプノセラピー、アートセラピーを始め、現在は受容と傾聴を中心にしたカウンセリングを行っている。精神科医の高橋和巳氏にカウンセリング理論を、臨床心理士の田中勝博氏、角山富雄氏に力動的心理療法を学ぶ。専門は、トラウマと依存、家族問題の治療。趣味はブラジル音楽。